知らなかった!葉酸の謎

「妊娠と言えば葉酸」というように、この二つは切り離せない関係の二つです。
それというのも、葉酸の果たす役割が、妊娠初期に最も重要になるからです。

言うまでもありませんが、妊活中の女性にとっても、最も重要な栄養素(時には、健康補助食品やサプリメントなどを上手に利用してもいいかもしれませんね)であることは間違いありません。妊娠が分かってから、急いで葉酸を摂るよりも、妊娠に適した体で赤ちゃんを授かれるように、妊活中から葉酸を摂るように意識しましょう。

むかし流産しています。その時は自分を責めて苦しかったのですが、私の場合は、流産から1年くらい経ってようやく、もう一度、チャレンジしてみようと妊娠に向けて、準備を初めるようになりました。

身体の調子を整え、妊娠しやすい体になろうと考え、冷え性を治そうと不得手だった運動を初めました。
運動の最中はつらかったのですが、だんだんと楽しくなり、新陳代謝が良くなって低体温が改善し、基礎体温が上がったので困っていた冷え性が、ずっと良くなりました。

妊活とは、夫婦生活をふくめ、日常生活の中で妊娠しやすい体づくりを進めていく活動の事をいいます。この妊活は女性側が主体となって行うもののように感じますよね。でも実は、男性にもぜひお薦めしたい妊活があります。

それが、葉酸を積極的に摂るという習慣です。

流産や不妊におけるリスク要因は女性の問題ばかりでなく、夫に問題があったという話も良く耳にします。

原因は色々にありますが、中でも精子の染色体異常については、着床率を下げるという報告があります。葉酸にはこれらの染色体異常を低減し、高品質の精子を造るというはたらきがあります。そのため、男性も、葉酸の摂取という妊活を初めてみて頂戴。友達のところもそうですが、うちも二人目不妊でクリニックに通い初めました。ひとりめが男の子だからか、夫は二人揃っての不妊治療は不要という考えで、話を切り出しづらくて、生理周期は順調でしたが、通院でタイミング療法を受けることにしたんです。月に2回通院しても6000円弱で収まるため半年通いましたが、それでも妊娠に至らず、葉酸サプリが良いというので高いけれど使ってみたら、相乗効果なのか、服用後2か月には二人目の妊娠が判明。
やったぁ!と思いました。

嬉しかったです。一般的に不妊治療は費用もかさみますし、精神的にも大きな負担があることは明らかです。自治体の助成金制度を利用しても、だいたい40歳以上になると給付回数が減らされる例が多いのが実情です。私は40歳以上の人こそ助成回数を増やしたほうが良いように思います。かくいう自分もアラフォーですし、見捨てられたような寂しい気もちで、疲れきっています。
第一子がなかなか出来ず、不妊治療に通い、現在は妊娠三ヶ月です。

不安に思い初めたのは結婚から2年目くらいですね。基礎体温はつけていたんですけど、授かることができず、オトモダチ知人が妊娠したという話を聴くたびに、やりきれない気分でした。
産婦人科の検査はドキドキしましたが、おかげで何が原因かも判明し、排卵誘発剤の服用を初めると、そう時間をおかず妊娠することができました。
病院に根拠のない抵抗感を持っていたのは間違いでした。

もっと早く来たかったですね。葉酸は妊娠初期の細胞分裂を促進させ、造血作用を高める効果があります。

それは不妊治療にも効果を表し、子宮の状態を改善して着床しやすくし、妊娠確率が上がるので、タイミング療法と組み合わせる人も多いです。それに、血液が増えると新しい血が体の隅々に栄養と酸素を届け、生殖機能そのものが底上げされ、不妊状態を改善するのにとても有効なのです。

赤ちゃんを授かって専門家による栄養指導を学んだり、地域が主催する、母親学級を受けに行った方は多いと思います。

実際には、こうした機会に葉酸の多い食品を知ったという方も多いですよね。一般的に、葉酸を多く含む代表的な食べ物としては、レバーを挙げることが出来ます。

はかには、野菜もそうですね。こうした食品を食べることで葉酸を摂取しようとした場合、熱によって溶け出てしまい摂取しにくいという葉酸の性質を理解した上で、葉酸の摂取量を考えていただけたらと思います。